兼六ホームの一戸建て情報や立地条件について│宮大工も紹介します

伝統的な家造りなら

家

家を建てるときに多くの方は、専門の業者に建築を依頼することがほとんどだと思います。しかし、最近は宮大工に建築の依頼をすることが人気を呼んでいます。宮大工の存在そのものを知らない方もいるかもしれないので、簡単に紹介すると基本的に神社やお寺を建てたり、修理したりすることを専門にする建築業者です。神社やお寺は日本の伝統的な建築物なので、現在の西洋風の家造りとは建築法が大きく異なります。そのため、弟子入り制度をとっており職人気質な方々が多いとされています。一昔前は日本にも神社やお寺が各地にたくさんあったため、たくさんの宮大工がいました。しかし、だんだんと寺社の数が減っていったことで、地域によってはほとんど宮大工を見かけないところもあります。寺社の修復自体は各地で頻繁にあるため、一定数の宮大工は存在しているようです。もし宮大工にこだわりの家造りを手伝ってほしいと考えている方は、インターネットで宮大工を探してみるのもいいでしょう。職人気質とはいえ、最近ではHPを運営して建築の予約をしているところもあります。信頼のおける宮大工をお探しの方は、口コミサイトなどで評判をのせているサイトもあるので、それらを参考に探すのもいいかもしれません。また、基本的に宮大工は和風の木造の建物を建てています。そのため、西洋風の家を想定している方はあまり宮大工に依頼することはおすすめできないとされています。人によってはそのような専門外の家や、和洋折衷式の建築なら請け負っている宮大工もいるかもしれないので、HPなどで探してみることが大切です。また、HPにのっていないときも電話などで問い合わせたら、仕事を引き受けてくれるかもしれません。宮大工はただでさえ少ないため、利用の家造りを目指すなら主体的に動いて探すことが重要になります。